歯 面 研 削

歯面研削とは

歯面研削(歯研)とは、高速回転する砥石で歯車の歯面を研削し、歯面を仕上げることです。

最適な歯型、歯面粗さを歯車の精度向上を図る加工です。

歯面研削の目的

精密歯車を製造することです。

振動や騒音の低減、動力伝達特性の効率改善、コンパクト化などによって熱処理後の歯車仕上げ加工が求められています。

その方法として歯車研削加工が一般的に用いられています。

歯車研削の加工方法

実際の加工の際は、砥石を押し当てミクロン単位で歯車を削り、精度を調整します。

目的や求められる作業効率、精度に応じて最適な砥石が選ばれます。

歯研加工前後

加工前

加工後

歯車精度

歯研前後で歯面粗さ、歯車精度が向上しているのが分かります。

設備概要

設備メーカー Nidec(三菱重工)
設備型式 ZE24B
設備保有台数 3台
加工設備能力 加工径 ~Φ240
モジュール 1.0~6.0
歯車研削の精度 JIS 1級
生産能力 40,000個/月 ※仕様により異なります

設備仕様

歯車研削盤とは、歯車の歯面を砥石で研削する加工方法で、高精度、高品質な歯車を効率よく製作できる工作機械です。 歯車研削盤は、静粛性や伝達効率の良い歯車のニーズに応えるための機能を備えています。