品質方針

経営理念を起点とした仕組みづくりにより、個の力に頼るのではなく、組織の力を高め、お客様の満足を追求します。

環境方針

  • ECRS原則を基盤として3Rを推進し、環境負荷低減ならびに汚染の予防に努めます。
  • 法令および社内基準の順守ならびに顧客の要請に対しても公正に対応します。
  • 関連する活動は、継続的に改善し、より高い目標に向かって挑戦します。

安全衛生方針

水島機工は、社員の労働安全衛生の確保が起業活動の最重要基盤であると考え、本方針に基づき事業を展開して参ります。

  • 我々は、事業活動において、社員の労働安全衛生を最優先します。
  • 我々は、社員の健康維持ならびにその増進を積極的に支援します。
  • 我々は、より安心して働ける職場環境を追求し、社会の要請に応えます。
  • 我々は、労働安全衛生について、円滑なコミュニケーションを図ります。
  • 我々は、労働安全衛生に関して、教育を積極的に実施します。

教育方針

いいモノづくりは、いい人づくり

いい人づくりは、いい仕組みづくり

女性活躍推進法、次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業者行動計画

男女ともに全社員が活躍でき、仕事と家庭の両立ができる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間 

    2024年4月1日~2026年3月31日

2. 目標と取組内容・実施時期
  目標1 (職業生活に関する機会の提供に関する目標)

   年次有給休暇の取得日数を1人当たり平均年間10日以上とする。

     <実施時期・取り組み内容>
      (1) 2024年4月~ 毎月、年次有給休暇の取得状況を把握する。
  (2) 2024年5月~ 各部署において年次有給休暇の取得目標を1人当たり10日以上とする。
      (3) 2024年5月~ 定期的に年次有給休暇を取得促進する内容の通知を社内へ配信する。

  目標2 (職業生活と家庭生活との両立に関する目標)

    計画期間内に、育児休業の取得率を次の水準以上にする。
    男性社員・・・取得率を10%以上にする。
    女性社員・・・取得率を100%。

     <実施時期・取り組み内容>
      (1) 2024年4月~ 職制を通じて男性社員が育児休暇を計画的に取得できるよう周知する。
    (2) 2024年4月~ 配偶者が出産した男性社員を対象として、総務部及び上司から育児休業取得を
          すすめる。

情報セキュリティ基本方針

水島機工株式会社(以下、当社)は、お客様からお預かりした当社の情報資産を事故・災害・犯罪などの脅威から守り、お客様ならびに社会の信頼に応えるべく、以下の方針に基づき全社で情報セキュリティに取り組みます。

1. 経営者の責任
  • 当社は、経営者主導で組織的かつ継続的に情報セキュリティの改善・向上に努めます。
2. 社内体制の整備
  • 当社は、情報セキュリティの維持及び改善のために組織を設置し、情報セキュリティ対策を社内の正式な規則として定めます。
3. 従業員の取組み
  • 当社の従業員は、情報セキュリティのために必要とされる知識、技術を習得し、情報セキュリティへの取り組みを確かなものにします。
4. 法令及び契約上の要求事項の遵守
  • 当社は、情報セキュリティに関わる法令、規制、規範、契約上の義務を遵守するとともに、お客様の期待に応えます。
5. 違反及び事故への対応
  • 当社は、情報セキュリティに関わる法令違反、契約違反及び事故が発生した場合には適切に対処し、再発防止に努めます。

健活企業宣言

 

水島機工健康宣言

水島機工は、「関わる全ての人を元気にする」をパーパスとしており、その関わる全ての人とは、お客様・社員・取引先・地域社会を指します。関わる全ての人を元気にするためには、まずは全ての社員とその家族の心身の健康が必要であると考えます。
当社は、社員一人ひとりの健康に責任を持ち、その増進を図るとともに、安心して働ける職場づくりに努めます。

水島機工株式会社 取締役社長
滝澤昌朗

主な取り組み
  1. 会社は、社員の健康管理、健康保持、増進に取り組みます
    ・長時間残業の抑制
    ・有給休暇取得の推進
    ・健康診断受診の徹底
    ・2次検査(再検査)受診率の向上
  2. 会社は、社員が心身ともに安心して働ける環境つくりに取り組みます
    ・ストレスチェックの実施
    ・高ストレス者を対象とした健康相談の実施
    ・職場コミュニケーションの活性化
  3. 社員は、自覚をもって自身とご家族の健康管理に取り組みます
    ・家族の健康診断受診の促進